あなたは、獣医師の88.0%が推薦したいと回答した、愛猫を病気や病気の再発から守る安心・安全なキャットフードをご存知ですか?

⇒【愛猫を病気から守る!】安心、安全なお勧めキャットフードランキングはこちらです!

【要注意】放っておくと失明も!3分でわかる猫風邪の3つの目の症状とは?

 

猫風邪をひいてしまうと、いろんな症状が現れてきますが特に目立って症状が出てくるのが「目」です。

 

猫ちゃんが猫風邪で目に表れる症状は見た目にもちょっと可哀そうな感じなので、飼い主さんにいち早く気づいてもらいたい病気でもあります。

 

今回は猫風邪をひいてしまった時に目に表れてしまう症状についてお伝えします。

 

			

スポンサードリンク







 

猫風邪をひいてしまうと目に表れる3つの症状とは?

 

 

毎日可愛い猫ちゃんの顔を見ているとは思いますが、これからお伝えする目の症状を照らし合わせながらもう一度じっくりと可愛い目をチェックしてみてくださいね。

 

その1.涙が多めに出てくる

 

猫ちゃんたちの瞳は大きな分、ウイルスや異物が入りやすくて、角膜炎や結膜炎になりやすく涙も多く出てくることがあります。

 

もし飼い主さんが「あれ?いつもより涙が多いかも…」と感じたら、猫ちゃんの上か下のまぶたを優しく引いて、白目をみてあげてください。

 

白目部分が赤く充血していたら、猫風邪の症状が目に表れている可能性がありますので、病院でみてもらいましょう。

 

その2.目やに

 

猫風邪で目に出る症状の目やには特徴がいくつかあります。

 

まず、目やにの色ですが白か薄い黄緑色で水気の多いものが特徴で、しかも片目ではなくて両目から目やにが出ていることが多いです。

 

また、目やにが出てくる頃には同時に「くしゃみ」も症状として出てくることも特徴の1つになります。

 

2つも同時に症状が出てくるとなると、猫ちゃんも結構辛いものがあるので、目やにを発見したら濡れたガーゼなどで優しく拭いてあげて、症状が悪化しないうちに病院で診てもらいましょう。

 

その3.上下の瞼が癒着して開かなくなる

 

さきほど、「その1」で白目が充血していたら…とお伝えしましたが、その状態のまま放っておくと、目に白い膜を張ったようになりなってしまい、上下の瞼の皮膚が癒着して開かなくなってしまいす。

 

しかも、瞼がはれ上がってしまい、かなり可哀そうな状態になっていることでしょう。

 

もうここまで症状が進んでしまうと、猫ちゃんは視界が狭まっているし、よく見えていない状態になっておりますので、一刻も早い処置が必要となってきます。

最悪の場合は失明の可能性が出てきます。

 

癒着が重症化すると、癒着を離すための手術をする場合もあるのですが、手術自体はそんなに難しいものではないのですが、全身麻酔を要することになり飼い主さんも心配でしょうから、やはりいち早く病院へ行くのが一番と言えますね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

猫の目やにの色々な種類(*´∇`*)

 

目やににも色々な種類がありまして、茶褐色で水気の少ない目やには健康な時に出てくる目やになのでそれほど心配ないのですが、白や黄色、黄緑色などは少し注意が必要です。

参考

⇒猫の目やにが白い時に考えられる病気と飼い主が考える大事な事とは?

⇒猫の目やにが黄色い時に考えられる6つの重大な病気とは?

 

例えば猫同士でケンカして目を傷つけられた場合などは、目をシバシバと瞬きをして白や黄色の目やにが出てくることがあります。

 

もし発見した時は猫風邪じゃなかったとしても放っておくと腫れあがる可能性もあるので、病院で診てもらい目薬などを処方してもらいましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

今回のまとめは

・涙が多く出る、目やにが出てくる、目に白い膜がはり瞼がくっついてくるなどの症状は猫風邪の可能性が大

・目の症状は分かりやすいので、少しでも異変を感じたら病院で診てもらいましょう。

 

猫の涙ってイラストなどでは見る分には可愛いですけど、リアルな猫ちゃんが涙を流しているのはなかなか可哀想な感じです。

 

猫風邪の目の症状が重症化してしまうと良くなるまで2週間から3週間かかりますので早めに治療に取り組んであげてくださいね。

 

あなたは、獣医師の88.0%が推薦したいと回答した、愛猫を病気や病気の再発から守る安心・安全なキャットフードをご存知ですか?

⇒【愛猫を病気から守る!】安心、安全なお勧めキャットフードランキングはこちらです!

 

 

コメントを残す